トリノメ

トリノメ

ねこ好きのカフェ店長(名ばかり)のブログ

おさむ、膀胱炎になる

こんにちは、またまた猫のお話です。

f:id:tottorinome:20171118140913j:image

11/7に去勢手術を終えたおさむちゃん、手術当日の夜はフグフグ言ったりクシャミしたり(手術箇所の消毒を舐めるため)人間がそわそわするほど体調が悪そうでした。

f:id:tottorinome:20171118141135j:image

術後2日目くらいまでは一日中ころーんと寝ていましたが、3日目からは元気になってひかりとも遊ぶようになったので安心していました。

 

が、術後4日目の11/11の夜、マッサージチェア、ベッドの上でおしっこ!えー!

マッサージチェアは、子猫時代にもしたことがありましたがベッドははじめて。そして何度もトイレへ。

どうも様子がおかしい、と思いトイレシートを見てみたら淡い赤のおしっこが。血尿!

マッサージチェアやベッドの上でしたのは、間に合わなかったり残尿感がありトイレ以外で試してみたりしていたようです。(最初分からず叱ってしまった…)

 

血尿に驚いて夜7時半頃でしたが病院に電話しました。去勢手術後にこのような症状があるのか聞いてみたところ、「手術と関連性はないけど、おそらく手術箇所を自分で舐めて口から細菌が入って膀胱炎になった」とのことでした。

血尿にあわあわしましたが、2、3日様子見で良いと言われました。

 

f:id:tottorinome:20171118150341j:image

 

血尿が出た次の日から、「赤いおしっこ」は見られませんでした。水を飲んだらすぐトイレ、を繰り返すので残尿感はありそうでしたが、トイレを1階と2階に分け(お漏らし時は2階にしかなく、おさむちゃんは1階にいました)、どこにいてもすぐに行けるようにしました。

ごはんはよく食べるし、ひかりとバタバタ遊ぶし、「トイレによく行く」以外は元気そうでした。

 

やっぱり様子見で良いと言われたくらいだから、細菌原因の膀胱炎は自然治癒するのかもね〜なんて言っていたのですが、最初の血尿から6日後の昨日11/17、またそわそわマッサージチェアに上がり始めたのであやしいなと思っていたらまた血尿。。えー治ってないー!

 

そわそわしだしたのが夜だったので、明朝病院に行くことにしました。(ほんとにおしっこ問題以外は元気…)

 

極力病院へ連れて行くことは避けたいのですが、抜糸もかねて来て良いとのことだったので(抜糸は21日の予定でした)連れて行くことに。その際おしっこもできたら持ってきてと言われました。

 

電話で聞いたところ(病院に電話しすぎである)おしっこシートを持って行ったら良いとのことでしたが、ひかりと別々にしていなかったのでどっちのおしっこか分からず…

電話をしてから30分、おさむとひかりを別々にしておしっこ待ち。(おさむだけおやつもらってると勘違いしたひかりをなだめるのが大変だった…おやつあげてないし…)

おしっこしてすぐに引き出したらまだシートに染み込んでいなかったので、傾けてカップにいれました。(赤ちゃん外出時のごはん分けカップがフタもあり便利です)

 

さて、結果やはり膀胱炎でした。採取したおしっこは見た目上赤くありませんでしたが、検査したら血も混ざっていたとのこと。この一週間、血尿ではないと思っていたけど血尿だったのかも…二週間分の抗生物質をもらい帰宅。

二週間後にまたおしっこ検査です。(おさむは留守番でOK)

 

f:id:tottorinome:20171118160423j:image

しかしおさむちゃん、普段とても良い子ですがとてもナイーブなので、バッグにいれて車に乗ると完全パニックです。泣き叫び、今日はバッグのチャックを壊して脱走しました。。買ったばかりなんですけど。。車の中をうろうろされると危険なのでできれば病院は二人がかりで行きたいですね。

病院では大人しく、抜糸中も先生に身を委ねお股を開いていたので良い子だねーと褒められていました。お、おまえ……

 

f:id:tottorinome:20171118165205j:image

とってもナイーブなので、手術の1日も人一倍(猫一倍?)ストレスだっただろうし、手術箇所も入念にぺろぺろしていたのがだめだったのだと思います。舐めること自体はそれほど問題ではないみたいだけど、エリザベスカラーをつけてあげたほうが良かったかも。それはそれでナイーブおさむにはツライ気がするけど…

 

とにかくあわあわして、病院にも手術後〜今日まで何度も電話してしまったけど(きっとブラックリスト入りした)、インスタでも皆さん親身になっていただいてとても助けられました。

長くなってしまいましたがこのブログも「ひゃ!血尿!どうしよう!」ってなった方の参考になればと思います。